2016年5月27日(金) ・28日(土) 虎ノ門ヒルズフォーラムにて 第8回日本下肢救済・足病学会学術集会を開催致します。

プログラム

   



5月26日(木)
10:00~17:00 認定師セミナーVer.2 / 4階「ホールB」
※日本下肢救済・足病学会本部ホームページより事前申し込み制
(先着200名まで)
14:30~16:30 理事会 / 5階「ミーティングルーム1」
16:30~18:00 評議員総会 / 5階「メインホール1」

会長講演

5月28日(土)11:15 ~ 11:45 第1会場(5階 メインホール1)
座長:波利井 清紀(杏林大学医学部 形成外科)
PL 「下肢救済のための治療・活動、今後の展望」
  大浦 紀彦(杏林大学医学部 形成外科学)


招待講演

5 月27 日(金)11:10 ~ 12:00 第1 会場(5 階 メインホール1)
座長:大浦 武彦(医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
   小林 修三(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター)
IL1 下肢虚血・足病界に救世主現る!
   大浦 武彦(医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
IL2 骨太の方針2015策定後の「下肢末抹動脈疾患指導管理料」実現への道のりについて
   ~下肢救済・足病学会との連携~
   秋野 公造(参議院議員)
コメンテーター:谷口 雅彦(聖マリア病院 移植外科)

▲TOP


教育講演

教育講演1
5月27日(金)9:00 ~ 9:50 第1会場(5階 メインホール1)
座長:小林 修三(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター)
EL1 糖尿病合併症を防止するための心理的治療とケア
   堀川 直史(埼玉医科大学 かわごえクリニック メンタルヘルス科)

教育講演2
5月27日(金)13:20 ~ 14:10 第1会場(5階 メインホール1)
座長:渥美 義仁
(公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属 永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター)
EL2 日常診療に役立つ足趾障害の基礎知識
   田中 康仁(奈良県立医科大学 整形外科)

教育講演3
5月27日(金)15:30 ~ 16:20 第1会場(5階 メインホール1)
座長:太田 敬(大雄会第一病院 血管外科)
EL3-1 下肢静脈性潰瘍・静脈瘤の治療戦略
    孟 真(横浜南共済病院 心臓血管外科)
EL3-2 下肢静脈性潰瘍・静脈瘤の治療戦略
    内藤 亜由美(藤沢市民病院 創傷治癒センター)

教育講演4
5月27日(金)13:20 ~ 14:10 第2会場(4階 ホールB)
座長:金森 晃(かなもり内科)
EL4 義肢装具は必要です
   大平 吉夫(日本フットケアサービス株式会社)

教育講演5
5月27日(金)9:00 ~ 9:50 第5会場(5階 ホールA-4)
座長:秋田 定伯(長崎大学医学部 形成外科)
EL5-1 Klippel-Trenaunay syndrome とはどんな病気か?
    太田 敬(大雄会第一病院 血管外科)
EL5-2 下肢における血管奇形病変の診断と治療‐特にKlippel-Trenaunay syndromeについて
    尾崎 峰(杏林大学医学部 形成外科)

教育講演6
5月28日(土)9:00 ~ 9:50 第1会場(5階 メインホール1)
座長:陳 隆明(兵庫県立リハビリテーション中央病院 リハビリテーション科)
EL6 下肢切断リスクの評価と足部潰瘍増悪・再発予防に向けた理学療法
   林 久恵(星城大学リハビリテーション学部 リハビリテーション学科)

教育講演7
5月28日(土)13:35 ~ 14:25 第1会場(5階 メインホール1)
座長:溝上 祐子(公益社団法人日本看護協会 看護研修学校)
EL7 足をよく看るフットケアの実際を学ぼう!
   松岡 美木(埼玉医科大学病院 褥瘡対策管理室)

教育講演8
5月28日(土)14:25 ~ 15:15 第1会場(5階 メインホール1)
座長:杉本 郁夫(愛知医科大学 血管外科)
EL8 末梢血行障害に対する脊髄刺激療法―当院での各科合同カンファランスによる治療方針の 構築
   西山 隆久(東京医科大学病院 麻酔科)

教育講演9
5月28日(土)9:00 ~ 9:50 第2会場(4階 ホールB)
座長:佐藤 勝彦(時計台記念病院 循環器センタ-)
EL9 血管内治療の基礎知識
   横井 宏佳(福岡山王病院 循環器センター)

▲TOP


シンポジウム

シンポジウム1
5月27日(金)9:50 ~ 11:05 第1会場(5階 メインホール1)
座長:川名 典子(杏林大学医学部付属病院 看護部)
   森 小律恵(公益社団法人日本看護協会 看護研修学校)
糖尿病・透析患者の精神的看護ケア
SY1-1 大切断患者の心情とケア
    川名 典子(杏林大学医学部付属病院 看護部)
SY1-2 心理的危機状態にある糖尿病患者への関わり ~下肢切断術前を受容するまで~
    中山 法子((公財)田附興風会医学研究所 北野病院看護管理室)
SY1-3 A 氏が歩くことを守りたかった - 予防から切断後のケアを通して-
    楢原 直美(済生会横浜市東部病院 看護部)

シンポジウム2
5月27日(金)16:40 ~ 17:55 第1会場(5階 メインホール1)
座長:溝上 祐子(公益社団法人日本看護協会 看護研修学校)
   市岡 滋(埼玉医科大学 形成外科)
看護師による創傷治療
SY2-1 下肢足病患者の合併症に対する病棟での取り組みと看護師の地域ネットワーク
    山本 洋子(杏林大学医学部付属病院 看護部)
SY2-2 神奈川県における下肢救済に関する看護師の会joifulジョイフル
    藤井 さつえ(総合高津中央病院 看護部)
SY2-3 看護師が行うNPWT の実際~形成外科領域における実践報告~
    加瀬 昌子(総合病院 国保旭中央病院 スキンケア相談室)
SY2-4 高齢者の重症化予防に向けた創傷治療
     間宮 直子(大阪府済生会吹田病院 看護部)
SY2-5 急性期病院の血管外科での創傷治療~特定行為をどう実践するか~
    日野岡 蘭子(旭川医科大学病院 看護部)

シンポジウム3
5月27日(金)9:50 ~ 11:05 第2会場(4階 ホールB)
座長:市岡 滋(埼玉医科大学 形成外科)
   上村 哲司(佐賀大学医学部 形成外科)
形成外科医が発信する創傷治療
SY3-1 細胞治療が担う創傷治癒の役割
    門 真起子(順天堂大学医学部 形成外科)
SY3-2 血管柄付き遊離組織移植術による再建
    清家 志円(杏林大学医学部 形成外科)
SY3-3 形成外科医の行うdistal bypass 術
     綾部 忍(八尾徳洲会総合病院 形成外科・創傷ケアセンター)
SY3-4 骨髄炎のUp to date treatment
    藤井 美樹(北播磨総合医療センター 形成外科)
SY3-5 足病変予防的手術の適応と可能性
    菊池 守(佐賀大学医学部 形成外科)
SY3-6 Wound bed preparation
    佐藤 智也(埼玉医科大学 形成外科)

シンポジウム4
5月27日(金)16:40 ~ 17:55 第2会場(4階 ホールB)
座長:菊地 勘(医療法人社団 豊済会 下落合クリニック)
   佐藤 元美(独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 腎臓内科・透析センター)
透析患者の足を救うための透析とチーム医療
SY4-1 透析室施設における透析患者の足病予防、治療
    吉川 昌男(宝池会 吉川内科小児科 診療部)
SY4-2 救肢,さらには,予後改善のための透析療法の工夫
    佐藤 元美(独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 腎臓内科・透析センター)
SY4-3 臨床工学技士の関わり ~透析室でのチーム医療~
    安部 貴之(東京女子医科大学病院 臨床工学部)
SY4-4 透析患者の足を守るための看護師の取り組み
    滝沢 サユミ(善仁会グループ 看護本部フットケアチーム)
コメンテーター: 今枝 温子(医療法人社団 豊済会 下落合クリニック)
        吉川 昌男(宝池会 吉川内科小児科 診療部)

シンポジウム5
5月28日(土)9:50 ~ 11:05 第1会場(5階 メインホール1)
座長:富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科)
   森 小律恵(公益社団法人日本看護協会 看護研修学校)
糖尿病性足潰瘍治療のための知識
SY5-1 足病予防のための教育の重要性
    細田 夕子(石川県済生会金沢病院 看護部)
SY5-2 糖尿病性足潰瘍の起因菌と抗菌薬の選択について
    谷山 大輔(東京都済生会中央病院 総合診療内科)
SY5-3 糖尿病患者の血糖管理の重要性
    富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科)
SY5-4 リエゾン領域では、糖尿病患者とどう接するのか
    川名 典子(杏林大学医学部付属病院 看護部)

シンポジウム6(スポンサードシンポジウム)
5月28日(土)9:50 ~ 11:05 第2会場(4階 ホールB)
座長:中西 秀樹(医療法人倚山会 田岡病院)
   館 正弘(東北大学医学部 形成外科)
下肢病変に対する陰圧閉鎖療法(NPWT)
SY6-1 V.A.C.®システムの特徴とその利用・応用
榊原 俊介(兵庫県立がんセンター 形成外科)
SY6-2 患者・医療者のWell-Beingを支援する局所陰圧閉鎖療法
松村 一(東京医科大学 形成外科)
SY6-3 下肢病変に対する超小型NPWT機器(SNaP)の有用性
木下 幹雄(東京西徳州会病院 形成外科)
共催:ケーシーアイ株式会社/ センチュリーメディカル株式会社/
スミス・アンド・ネフューウンドマネジメント株式会社

▲TOP


パネルディスカッション

パネルディスカッション1
5月27日(金)14:10 ~ 15:10 第1会場(5階 メインホール1)
座長:木下 幹雄(東京西徳洲会病院 形成外科)
   石井 義輝(小倉第一病院 形成外科)
在宅での足病治療
PD1-1 難治性下肢潰瘍における在宅治療―今必要な治療戦略は―
    吉川 昌男(宝池会 吉川内科小児科 診療部)
PD1-2 形成外科医が診る在宅における創傷管理 ~在宅NPWTの使用を含め~
    安井 佑(医療法人社団 焔 やまと診療所)
PD1-3 当施設の在宅診療における足病変のケア
    山田 英明(医療法人社団 英恵会 山田英明下町クリニック)
パネルディスカッション2
5月27日(金)14:10 ~ 15:10 第2会場(4階 ホールB)
座長:田中 嘉雄(香川大学 形成外科・美容外科)
   松井 傑(医療法人 桑園中央病院 救済・創傷治療センター)
代替療法
PD2-1 救肢の最終戦略~HBO
    松井 傑(医療法人 桑園中央病院 救済・創傷治療センター)
PD2-2 LDL アフェレシスの治療方法と効果
    菊地 勘(医療法人社団 豊済会 下落合クリニック)
PD2-3 マゴットセラピーの現在、今後の展望
    三井 秀也(ツカザキ病院 心臓血管外科)
PD2-4 閉塞性動脈硬化症に対する和温療法の有用性とその機序
    鄭 忠和(和温療法研究所/獨協医科大学 心臓血管外科)
パネルディスカッション3
5月28日(土)15:25 ~ 16:25 第1会場(5階 メインホール1)
座長:早稲田 明生(荻窪病院 整形外科リハビリテーション科)
   陳 隆明(兵庫県立リハビリテーション中央病院 リハビリテーション科)
下肢大切断後の患者はどうなるのか
PD3-1 当院における下肢切断術後患者の予後について
    富村 奈津子(公益社団法人鹿児島共済会 南風病院 整形外科)
PD3-2 下肢代切断術後のADL を考える
    松本 健吾(社会医療法人 敬和会 大分岡病院創傷ケアセンター 形成外科)
PD3-3 重症下肢虚血に対する下肢大切断術の検討
    森重 侑樹(杏林大学医学部 形成外科)
PD3-4 院内におけるEVT 開始により透析患者の下肢大切断術後生命予後の改善は得られたので
    あろうか?ー整形外科的立場からー
    花岡 英二(独立行政法人 地域医療機能推進機構 千葉病院 整形外科)

▲TOP

特別企画

5月28日(土) 11:15-11:45 第4会場 (5F ホールA-2+3)
「AAAレジストリー 調査報告」
座長:富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科)
足病の現状:AAAレジストリーの結果から
演者:宇都宮 誠(東京労災病院 循環器科)



JET合同企画 「最新の血行再建術 概念と実際」

5月28日(土)9:00-10:00 第3会場 (5F メインホール2)
企画1:「Angiosomeを使って」
AngiosomeはAttinger(形成外科医)が提唱した概念で、現在のEVTではAngiosomeの概念に基づいて血行再建することが、コンセンサスを得ています。
Angiosomeをどう使うのか基本的な考え方、実際にどう考えるのかについてご講演いただきます。

座長:浦澤一史(時計台記念病院 循環器内科)
   東 信良(旭川医科大学 血管外科)

EVT1-1 アンギオサムはあまり考えていません
     飯田 修(関西労災病院 内科)
EVT1-2 創傷治療における微小循環能の評価
     福永 匡史(森之宮病院 循環器内科)
EVT1-3 修正Angiosomeの検討
     鈴木 健之(東京済生会中央病院 循環器科)


5月28日(土)10:00-11:15 第3会場 (5F メインホール2)
企画2:「Angiosomeを超えて」
実際にEVTを行うとAngiosomeにおける責任領域を直接治療することが不可能であるケースに遭遇します。Angiosomeの責任領域の血行再建を順行性に行えない場合の、Angiosomeを超えるいくつかの概念、アプローチが日本の循環器内科医、血管外科医によって提唱されています。

座長:中村 正人
  (東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科・心臓血管カテーテル治療センター)
   北野 育郎(新須磨病院 創傷治療センター)

EVT2-1 Wound Blush
     宇都宮 誠(東京労災病院 難治性創傷治癒センター)
EVT2-2 Angiosomeを超えてー血管外科の立場からー
     東 信良(旭川医科大学 血管外科)
EVT2-3 No More Angiosome
     河原田 修身(国立循環器病研究センター病院 心臓血管内科・血管科)
EVT2-4 Angiosome concept, fact or fiction
     東森 亮博(岸和田徳洲会病院 循環器内科)


5月28日(土)13:30-15:30 第3会場(5F メインホール2)
企画3:症例報告「創傷治癒のための血行再建」
循環器内科からの症例発表は血管造影だけのことが多く、創傷の写真がなく、形成外科からの発表は、創傷の写真だけで血管造影の情報がありません。皆で一つの症例がどのような過程で治癒したか確認をするためには、血行再建と創傷治療の両者の情報が必要です。
同一の症例を血行再建と創傷治療を分けてどのように考えて治療したか全部で6症例について報告いただきます。

座長:横井 宏佳(福岡山王病院 循環器センター)
   宮本 明(総合高津中央病院 心臓血管センター)


EVT3-1 登坂 淳(河北総合病院 循環器科)
      木下 幹雄(東京西徳洲会病院 形成外科)
EVT3-2 宇都宮 誠(東京労災病院 循環器科)
      高見 佳宏(東京労災病院 形成外科)
EVT3-3 佐藤 勝彦(時計台記念病院 循環器センター)
      内山 英祐(時計台記念病院 形成外科・創傷治療センター)
EVT3-4 平野 敬典(済生会横浜市東部病院 循環器科)
      河内 司(杏林大学医学部 形成外科)
EVT3-5 安藤 弘(春日部中央病院 循環器科)
      寺部 雄太(埼玉医科大学 形成外科)
EVT3-6 北野 育郎(新須磨病院 創傷治療センター)
      辻 依子(新須磨病院 形成外科・創傷治療センター)

▲TOP


共催セミナー

ランチョンセミナー
ランチョンセミナー1
5月27日(金)12:10~13:00 第1会場 (5F メインホール1)
本邦下肢救済の将来展望
座長:大浦 武彦(医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
LS1-1 地域でのシームレスな創傷管理
    石井 義輝(医療法人真鶴会 小倉第一病院 形成外科)
LS1-2 医療従事者が満足する足病治療から患者が喜ぶ足病治療へ
    −治療アウトカム向上における患者満足度の重要性−
    小野 真平(日本医科大学 形成外科学教室)
共催:ケーシーアイ株式会社
ランチョンセミナー2
5月27日(金)12:10~13:10 第2会場 (4F ホールB)
『積極的足病予防』への挑戦
我々の挑戦 「外来で待っていても足は守れない!フットケア・創傷ケアで積極的な予防と治療を!」
Opening remarks:透析患者の下肢重症化予防の為の保険制度改革/SPP測定の重要性
座長:大浦紀彦(杏林大学医学部 形成外科)
LS2-1 富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科/下北沢病院 糖尿病
    センター)
LS2-2 菊地 守(佐賀大学医学部 形成外科/下北沢病院 足病総合センター)
共催:株式会社カネカメディックス/ロート製薬株式会社
ランチョンセミナー3
5月27日(金)12:10~13:10 第3会場(5F メインホール2)
皮膚科医から見たフットケア
座長:市岡 滋(埼玉医科大学 形成外科)
LS3 中西 健史(滋賀医科大学 皮膚科学講座)
共催:科研製薬株式会社
ランチョンセミナー4
5月27日(金)12:10~13:10 第4会場  (5F ホールA-2+3)
トータルコンタクトキャスト処置による下肢の創傷管理と術後管理
~ソックス型ギプス包帯DSキャストキットの使用経験~
座長:田中 康仁(奈良県立医科大学 整形外科)
LS4-1 藤井 美樹(北播磨総合医療センター 形成外科)
LS4-2 松本 健吾(大分岡病院 形成外科)
共催:センチュリーメディカル株式会社
ランチョンセミナー5
5月27日(金)12:10~13:10 第5会場 (5F ホールA-4)
座長:寺師 浩人(神戸大学 医学部 形成外科)
LS5-1 SWAT〜町の透析医の救肢戦略〜
    松井 傑(医療法人桑園中央病院)
LS5-2 基礎疾患の違いによる局所管理の実際
    安田 聖人(佐賀大学 医学部 形成外科)
    共催:コンバテック ジャパン株式会社
ランチョンセミナー6
5月28日(土)12:00~13:00 第1会場(5F メインホール1)
下肢潰瘍治療における感染管理
座長:溝上 祐子(公益社団法人日本看護協会看護研修学校)
LS6-1 バイオフィルムに関する現在の認識と課題
    館 正弘(東北大学医学部 形成外科)
LS6-2 実践 こうして感染創を克服し、キズを治す!
    栗原 健(埼玉医科大学 形成外科)
共催:スミス・アンド・ネフューウンドマネジメント株式会社
ランチョンセミナー7
5月28日(土)12:00~13:00 第2会場(4F ホールB)
フットケア・足病診療の実際~糖尿病診療のスタッフに知っていて欲しい治療法あれこれ~
座長:安西 慶三(佐賀大学医学部 肝臓・糖尿病・内分泌内科)
LS7 竹内 一馬(社会医療法人喜悦会 那珂川病院 血管外科)
共催:大正富山医薬品株式会社
ランチョンセミナー8
5月28日(土)12:00~13:00 第3会場(5F メインホール2)
Conforms closely to Lower extremities ulcer, Plain and stable therapy
座長:木下幹雄(東京西徳洲会病院 形成外科)
LS8 寺部 雄太(埼玉医科大学病院 形成外科)
共催:コロプラスト株式会社
ランチョンセミナー9
5月28日(土)12:00~13:00 第4会場(5F ホールA-2+3)
下肢慢性創傷への抗菌性被覆材を用いたアプローチ
座長:上村 哲司(佐賀大学医学部 形成外科)
LS9-1 大浦 紀彦(杏林大学医学部 形成外科)
LS9-2 丹波 光子(杏林大学医学部付属病院 看護部)
共催:メンリッケヘルスケア株式会社
ランチョンセミナー10
5月28日(土)12:00~13:00 第5会場(5F ホールA-4)
重症下肢虚血に伴う難治性疼痛に対する脊髄刺激療法(SCS)
座長:市岡 滋(埼玉医科大学 形成外科)
LS10-1 血行再建不能な重症下肢虚血に対する脊髄刺激療法の経験
     古川 雅英(大分岡病院 形成外科)
LS10-2 なぜ、脊髄刺激療法で下肢救済が出来るのか?
     ―脊髄刺激療法による微小循環改善について―
     立山 真吾(潤和会記念病院 ペインクリニック科)
共催:日本メドトロニック株式会社

▲TOP


スイーツセミナー
スイーツセミナー1
5月27日(金)15:30~16:30 第2会場(4F ホールB)
Save the Legs Project CLI患者受入れのためのチーム作りとその最前線
座長:大浦 紀彦(杏林大学医学部 形成外科)
SS1 奥山 由美(医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院 心臓血管センター)
   藤井 さつえ(医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院 看護部)
   宮本 明(医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院 心臓血管センター)
共催:カーディナル ヘルス ジャパン
スイーツセミナー2
5月27日(金)15:30~16:30 第3会場(5F メインホール2)
下肢血流の画期的測定器 ~レーザースペックルフローグラフィー(LSFG)~
座長:大浦 武彦(医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
SS2-1 構造、使用方法と臨床的特徴
    大浦 武彦(医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
SS2-2 レーザースペックルフローグラフィーの信頼性
    伊藤 陽一(北海道大学大学院 医学研究科)
SS2-3 下肢動脈とAngiosome
    (血行再建前後の血流変化、下肢動脈血流とAngiosomeを中心として)
    松本 健吾(大分岡病院 形成外科)
SS2-4 手術前後の血流変化
    (外科的血行再建における血流変化、術前後経過を中心として)
    菊地信介(旭川医科大学 血管外科)
共催:株式会社エムエムアンドニーク/ソフトケア有限会社
スイーツセミナー3
5月27日(金)15:30~16:30 第4会場(5F ホールA-2+3)
巻き爪における3TO(VHO)ワイヤーの有用性について
~爪は巻きたがっている~
座長:松村 一(東京医科大学病院 形成外科)
SS3 山口 健一(爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科)
共催:バン産商株式会社
スイーツセミナー4
5月27日(金)15:30~16:30 第5会場(5F ホールA-4)
透析患者の末梢動脈疾患(PAD)診断における灌流指標(PI)の有用性について
座長:佐藤 元美(独立行政法人 地域医療機能推進機構 JCHO中京病院 腎臓内科・透析
   センター)
SS4-1 安田 考志(パナソニック健康保険組合 松下記念病院 腎不全科)
SS4-2 北澤 直美(医療法人社団東仁会 吉祥寺クリニック 看護部)
共催:日本ライフライン株式会社/マシモジャパン株式会社

▲TOP


関連研究会

第2回糖尿病足病変手術研究会
5月27日(金)13:20-14:10 第5会場(5F ホールA-4)
糖尿病足病変予防的手術「アキレス腱延長の適応と実際」
座長:菊池 守(下北沢病院 形成外科)
演者:菊池 恭太(下北沢病院 整形外科)
   松本 健吾(大分岡病院 形成外科)
   榊 聡子(春日部中央総合病院 リハビリテーション科)
詳細、研究会ホームページはこちらをご覧ください。

特別連携企画 「第2回下肢慢性創傷の予防・リハビリテーション研究会」
5月28日(土)13:30-16:30 第2会場(4F ホールB)
13:35-14:05 基調講演「下肢慢性創傷治療におけるリハビリテーションスタッフの役割」
座長:陳 隆明(兵庫県立リハビリテーション中央病院)
演者:上村 哲司(佐賀大学医学部)
14:05-15:20 シンポジウム1「リハビリテーションスタッフの下肢救済への参画を探る」
座長:門野 邦彦(奈良県立五條病院)
   大塚 未来子(大分岡病院)
演者:1-a 理学療法士の立場より
      林 久恵(星城大学)
   1-b 作業療法士の立場より
       高島 千敬(広島都市学園大学)
   1-c 医師の立場より
      松本 健吾(大分岡病院)
   1-d 看護師の立場より
      石橋 理津子(新古賀病院)
15:25-16:25 シンポジウム2 「創傷ケアにおけるフットウェアの活用を考える」
座長:寺部 雄太(埼玉医科大学病院)
   山端 志保(京都府立医科大学付属病院)
演者:2-a 創傷治療期におけるフットウェア
      砂田 和幸(砂田義肢製作所) 
   2-b 再発予防期におけるフットウェア
       安田 義幸(馬場義肢製作所)
   2-c フットウェア装用装着を妨げる要因と対策
       加藤 恒一(大分岡病院)
詳細、研究会ホームページはこちらをご覧ください。

▲TOP


市民公開講座

5月28日(土)14:00-16:00 第4会場 (5F ホールA-2+3)
「透析と足病」 自分の足で一生歩き続けるために

チラシの参加申込書はこちら

WEBページからのお申し込みはこちら


第1部:講演会
座長 東 信良(旭川医科大学 血管外科)
イントロダクション「透析患者さんの足をまもるための学会・国のとりくみ」
   大浦 武彦(日本下肢救済・足病学会 理事/医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所)
市民公開講座 講演1「ほんとにこわい、足の血流障害」
    折目 由紀彦(日本大学 心臓血管呼吸器総合外科)
講演 2「足の病気の早期発見と予防」
    富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病内分泌内科)
第2部:パネルディスカッション
「足をまもるために知っておくべきこと、明日からできること」
座長:大浦 紀彦(杏林大学医学部 形成外科)
パネリスト 全国腎臓病協議会代表者
折目 由紀彦(日本大学 心臓血管外科)
富田 益臣(東京都済生会中央病院 糖尿病内分泌内科)
菊地 勘(医療法人社団 豊済会 下落合クリニック)
城 愛子(医療法人社団 豊済会 下落合クリニック 管理栄養士)

▲TOP